見る

「とかち」を観る・見る。みて感動!

北海道らしい雄大な風景、大きな空、日本とは思えない景観が楽しめるのがとかちの魅力ですが、見てほしいのは風景ばかりではありません。とかちで発掘された化石が展示してある「博物館」や、とかちの歴史やアイヌの人々の文化や生活がわかる「資料館」。とかちにゆかりのある人たちや、とかちの風景画を描いた作品が展示してある「美術館」。チーズ工場、ワイン工場、お菓子工場などの「産業工場見学」、ばんえい競馬の迫力や羊や牛などの動物を間近で見る楽しさ、美しく咲いた花々や木々達を観賞出来る「ガーデン」など、とかちを「みる」のはこんなに楽しい!とかちの「文化」、「生活」、「産業」、「芸術」にふれて、楽しんでみませんか?

見る

新・道の駅 ピア21しほろ

河東郡士幌町字士幌西2線134番地1

「畑をもっと身近に感じてほしい」という想いから、士幌町にある魅力をつめこんで、観光客の方も訪れて楽しい、地域の方も毎日顔を出したくなる…そんな場所を目指しています。「しほろ牛」を堪能できる食堂をはじめ、カフェでは、町特産であるジャガイモを使った「しほろスタ…続きを読む

十勝ヌップクガーデン

帯広市昭和町西1線109番地

北海道帯広市郊外にある十勝ヌップクガーデン。 約4ヘクタールの敷地には、洋風庭園、和風庭園、自然林などがあり、 日高山脈の伏流水から湧き出るヌップク川が園内を流れています。 「ヌップク」とはアイヌ語で「野原を流れるもの・川」という意味です。 風が木々を揺ら…続きを読む

ジュエリーアイス

北海道中川郡豊頃町 茂岩本町110番地1 ココロコテラス

十勝川河口の太平洋岸に、十勝川の氷が打ち上げられる氷塊。日の光を浴びて美しく輝く姿は「ジュエリーアイス」とも呼ばれ、道内・外の写真家など、たくさんの人を魅了しています。 見ることができるのは、1月中旬から2月末の厳寒の時期。この場所でしか見ることのできない…続きを読む

帯広川の白鳥

帯広市東2南1帯広川近辺

都会の中を流れる帯広川に毎年飛来する白鳥の群。大きな羽を広げた白く美しい姿に魅了され、大勢の人々が訪れます。人の手からエサをもらって食べ、人に馴れているその仕草が愛らしく、帯広の冬の風物詩です。