見る

「とかち」を観る・見る。みて感動!

北海道らしい雄大な風景、大きな空、日本とは思えない景観が楽しめるのがとかちの魅力ですが、見てほしいのは風景ばかりではありません。とかちで発掘された化石が展示してある「博物館」や、とかちの歴史やアイヌの人々の文化や生活がわかる「資料館」。とかちにゆかりのある人たちや、とかちの風景画を描いた作品が展示してある「美術館」。チーズ工場、ワイン工場、お菓子工場などの「産業工場見学」、ばんえい競馬の迫力や羊や牛などの動物を間近で見る楽しさ、美しく咲いた花々や木々達を観賞出来る「ガーデン」など、とかちを「みる」のはこんなに楽しい!とかちの「文化」、「生活」、「産業」、「芸術」にふれて、楽しんでみませんか?

見る

帯広百年記念館

帯広市緑ヶ丘2緑ヶ丘公園内

帯広・十勝の自然や開拓の歴史・産業を紹介する常設展示室のほか、特別展示室、陶芸実習室などを備え、開拓の歴史と創作活動の拠点になっています。2階にはアイヌの人たちの文化や歴史について学べる民族文化情報センター「リウカ」が開設されています。

清見ヶ丘公園(桜・パークゴルフ・青翔亭)

池田町清見ヶ丘

樹齢300年を超えるカシワの大樹が生い茂り、春になると約600本のエゾヤマザクラが花のトンネルをつくる。 また、公園内には36ホールのパークゴルフ場も設置されており、無料でプレーが可能。 バーベキューハウス「青翔亭」は町民憩いの場所となっています。

菜種の花畑・亜麻の花畑

〒089-1582 更別村字上更別125番地281

5月下旬から6月中旬にかけて、上更別地区のコタニアグリでは約12haに広がるレモン色の菜の花が見頃を迎えます。 また、6月下旬から7月中旬にかけては薄青紫色の亜麻の花が見頃を迎えます。約4haに咲き誇る可憐な亜麻の花は晴れた日の午前中がきれいにみられるそう…続きを読む

さらべつすももの里

〒089-1562 更別村字更別南4線189-23

国道236号線沿いの更別村どんぐり公園内に約1,000本のすももの木が植えられています。 もともとは「むらおこし」の一環として村の有志らによって造られ、すももの木をオーナー制で管理していましたが、現在は村で管理しています。 白い花が咲く5月下旬の見頃に「さ…続きを読む

2 / 1212345...10...最後 »