芽室町

芽室町

開拓以前の姿を今も留める柏の大樹に囲まれる「芽室公園と柏の樹」。十勝平野と日高山脈が360度のパノラマで眺望できる「新嵐山展望台からの風景」「花菖浦園」「松久園の母屋」「10線防風林」「芽室町発祥のゲートボール」が「芽室遺産」として認定されています。

みどころ

全国屈指の農業が基幹産業。中でもスイートコーンは平成18年度の収穫量が9,707tで日本一。このスイートコーンでまちおこしをしようと十勝芽室コーン炒飯が生まれました。そんな豊かな大地が芽室町の魅力です。芽室遺産を巡りながら、大地の恵みもしっかりチェックしてみましょう。自然豊かな魅力とおいしい農産物食品を味わって「感動めむろ」を体験してください。

地名の由来

アイヌ語の「メム・オロ」が転訛したもので、川の源の泉や池から流れて来る川の意味です。日高山脈から流れる清流を名付けたのでしょうか。

特産品

  • スイートコーン
  • ジャガイモ
  • チーズ
  • 砂糖
  • にじます加工品

観光のことなら

芽室町観光物産協会
http://www.memuro.info/