見る

「とかち」を観る・見る。みて感動!

北海道らしい雄大な風景、大きな空、日本とは思えない景観が楽しめるのがとかちの魅力ですが、見てほしいのは風景ばかりではありません。とかちで発掘された化石が展示してある「博物館」や、とかちの歴史やアイヌの人々の文化や生活がわかる「資料館」。とかちにゆかりのある人たちや、とかちの風景画を描いた作品が展示してある「美術館」。チーズ工場、ワイン工場、お菓子工場などの「産業工場見学」、ばんえい競馬の迫力や羊や牛などの動物を間近で見る楽しさ、美しく咲いた花々や木々達を観賞出来る「ガーデン」など、とかちを「みる」のはこんなに楽しい!とかちの「文化」、「生活」、「産業」、「芸術」にふれて、楽しんでみませんか?

見る

六花の森

中札内村常盤西3線249-6

中札内美術村から車で10分ほどの位置に平成19年にオープンした「六花の森」。 雄大な日高山脈を背景に、樹齢100年のニレの木が育ち、清らかな小川が流れる豊かな自然環境。 六花亭製菓⑭の花柄包装紙でお馴染みの草花が育てられています。 園内には、草花のスケッチ…続きを読む

十勝ヌップクガーデン

帯広市昭和町西1線109番地

北海道帯広市郊外にある十勝ヌップクガーデン。 約4ヘクタールの敷地には、洋風庭園、和風庭園、自然林などがあり、 日高山脈の伏流水から湧き出るヌップク川が園内を流れています。 「ヌップク」とはアイヌ語で「野原を流れるもの・川」という意味です。 風が木々を揺ら…続きを読む

ナウマン象発掘の地

〒089-1725 幕別町忠類中当360番地の1

当時、この場所では農道の工事が行われていました。側溝堀りの作業をしていた際、偶然、ナウマン象の臼歯が見つかり、その後、全骨格の70~80%にあたる47個の化石骨が発掘されました。ほぼ1頭分の化石骨が見つかったのです。現在、この場所には記念碑やナウマン象発掘…続きを読む