博物館・美術館

画家の美術館

〒082-0073 河西郡芽室町中伏古5線3号

画家村元美海と故村元俊郎の作品を千点以上展示。絵画を描く人と鑑る人が同じ目線で、ゆったりとした楽しい空間を共有できる美術館。入館料無料。一日だけの体験学習コースや定期的に制作する研修生制度も。

忠類ナウマン象記念館

〒089-1701 幕別町忠類白銀町383番地の1

忠類ナウマン象記念館は、1969年(昭和44年)7月に偶然発見されたナウマン象の軌跡とその雄姿を末永く後世に伝えるため、太古のロマンを秘め1988年(昭和63年)8月にオープンしました。この建物は、上から見るとナウマン象の姿を想像したデザインになっており、…続きを読む

ふるさと館

〒089-0571 幕別町依田384番地の3

開拓時代に田畑を掘り起こした鍬や、うっそうと茂る木々を切り倒したのこぎりと斧、バター製造の歴史を刻むバターチャーン(牛乳をかき混ぜる道具)など、ふるさと館に展示されている資料と生活用品はどれも歴史を語る貴重な財産です。

ワイン城(池田町ブドウ・ブドウ酒研究所)

〒083-0002 池田町字清見83

日本初の自治体によるワイン造りが行われた池田町で 50年以上もの間ワインの製造工場としてそびえたつ池田ワイン城(正式名称:池田町ブドウ・ブドウ酒研究所)が 2020年6月20日にリニューアルオープン。 ワインやお酒が苦手な方でも楽しめるよう、レストランメニ…続きを読む

福原記念美術館

〒081-0212 鹿追町泉町1丁目21

福原記念美術館は、十勝・釧路地方を中心に展開する食品スーパー、(株)福原の創業者である福原治平氏が長年にわたり蒐集してきたコレクションを一般に公開したいとの考えから設立した美術館。大小合わせて5つの展示室。そこには絵画をはじめとした約150点あまりの美術品…続きを読む

関寛斎資料館

足寄郡陸別町大通

陸別開拓の祖である関寛斎の資料館。72歳で斗満原野を開拓し82歳で生涯を終えた偉大な開拓者、関寛斎の軌跡をたどることが出来ます。 また、町内には関寛斎ゆかりの地がありますので、実際に訪れて開拓時代を堪能してみてはいかがでしょうか。

海洋博物館

広尾町字野塚989番地(シーサイドパーク)

広尾町出身の横綱北海海のコーナー、山岳画家坂本直行の展示。併設する海の館には、広尾町の歴史を展示している。